知っておきたい 『病気と症状』

イアトリズム総合案内

胆嚢がんは、約2:1と女性に多い疾患で、60~70代の高齢者 に多く、胆嚢に発生するものを胆嚢がん、総胆管に発生するものを 総胆管がんと呼んでいます。 胆嚢がんを発症したした人のうち、5割以上の人に胆石がみられま すが、その胆石が原因でがんが発症するのかどうかは明らかではあ りません。 そして胆嚢がんはその初期にはあまり症状がなく、胆石による症状 がみられることがある他、進行すると右上腹部の痛みや食欲不振、 黄疸、体重減少などが現れてきます。また、胆管が腫瘍により詰ま ると胆汁が腸へと流れず、便は灰白色となってしまいます。

『胆嚢がん』

代表的な『症状』
上腹部痛・右肩痛・発熱・黄疸・吐き気・嘔吐 など
発症する『原因』
原因は明らかではない
行われる『検査』
腹部超音波検査・内視鏡下超音波検査法・CT検査・MRI検査・胆嚢造影検査・胆汁細胞診・腫瘍マーカー など
行われる『治療』
外科手術・経皮経肝胆道ドレナージ(PTCD) など