知っておきたい 『病気と症状』

イアトリズム総合案内

肝臓がんは、約3:1と男性に多い疾患で肝臓そのものからできる 原発性肝がんと、肝臓以外のがんが転移することにより起こる転移 性肝がんの2種に分けられます。 そのうち原発性肝がんは、70~80%がC型肝炎ウイルスによる 肝硬変や慢性肝炎に起因するもので、それは約9割を占める肝細胞 がんと残りの胆管細胞がんからなりますが、その発症のメカニズム は明らかではありません。 そして肝臓がんには特徴的な症状がなく、肝硬変や慢性肝炎に伴う 上腹部の不快感や腹部膨満感、また黄疸や体重減少などの症状がみ られます。

『肝臓がん』

代表的な『症状』
疲れやすい・全身倦怠感・食欲不振・黄疸・出血しやすい・手足が赤くほてる など
発症する『原因』
肝炎・肝硬変・遺伝的要因 など
行われる『検査』
腫瘍マーカー・超音波検査・造影CT検査・造影MRI検査・血管造影検査・生検組織検査 など
行われる『治療』
肝動脈閉塞術・エタノール局注療法・経皮的マイクロ波凝固療法・経皮的ラジオ波焼灼療法・外科手術 など