知っておきたい 『病気と症状』

イアトリズム総合案内

膵臓がんは、高齢男性に多い膵臓そのものからできる悪性の腫瘍で アルコール・喫煙・コーヒーおよび糖尿病や慢性膵炎などとの関連 があるとされていますが、その原因は明らかではありません。 膵臓がんはそのできる場所により、比較的早期に症状が現れるもの もありますが、多くはある程度進行するまで症状はありません。 代表的な症状は、上腹部や背中の痛みの他、食欲不振・嘔吐などで あり、さらに進行すると黄疸や口渇、体重減少などもみられます。 また、膵臓がんは早期に発見することが困難であるため、その予後 もあまり良いものではなく、転移のあるものにおいては3年生存率 は約10%しかありません。

『膵臓がん』

代表的な『症状』
食欲不振・吐き気・嘔吐・上腹部痛・背部痛・下痢・体重減少・黄疸 など
発症する『原因』
アルコール・喫煙・コーヒー・糖尿病・慢性膵炎・遺伝子変異 など
行われる『検査』
腹部超音波検査・CT検査・MRI検査・内視鏡下逆行性胆管膵管造影(ERCP)・MR胆管膵管造影(MRCP)・試験開腹・血管造影検査・腫瘍マーカー など
行われる『治療』
外科手術・化学療法・放射線療法・バイパス術・経皮経肝胆管ドレナージ(PTCD) など