知っておきたい 『病気と症状』

イアトリズム総合案内

認知症は、記憶や認知などといった高次脳機能を司る脳神経細胞が 何らかの原因により慢性的に障害された状態でアルツハイマー型・ 脳血管型・レビー小体型などがあり、そのうちアルツハイマー型が 全体の半数以上を占めています。そしてそれらの発生機序は様々で アルツハイマー型は広範囲におよぶ脳の委縮と大脳皮質に老人斑と 呼ばれるタンパク質が多く現れるもの、脳血管型は脳血管障害後に 二次的に発症するもの、またレビー小体型は大脳皮質にレビー小体 と呼ばれる異常なタンパク質が現れパーキンソン様症状がみられる ものであり、これらは進行的に失認・失行・妄想・徘徊・物忘れ・ 抑うつ・人格の変化などの症状を呈してくるのです。

『認知症』

代表的な『症状』
記憶障害・認知機能障害・意欲減退・性格の変化・被害妄想・不潔行動 など
発症する『原因』
アルツハイマー病・脳血管障害 など
行われる『検査』
知能テスト・CT検査・MRI検査・SPECT・PET・血液一般検査 など
行われる『治療』
薬物療法・リハビリテーション・回想法・音楽療法・芸術療法 など