知っておきたい 『病気と症状』

イアトリズム総合案内

パーキンソン病は50歳前後に好発する、身体のこわばりや手足の 振えが現れる進行性の疾患で、無表情・脂顔・よだれ・多汗・便秘 の他、手足を屈曲させた前傾姿勢や小刻み歩行などといった特徴的 な症状、および自発性低下・不眠・抑うつ傾向などもみられます。 原因は今のところよく解っていませんが、中脳にある細胞の変性や 萎縮によって神経伝達物質であるドーパミンの産生が著しく減少し 運動統制機構の障害などが現れるとされています。 治療は、この疾患の機序が明らかとなっていないため、症状を軽減 させることを目的とした対症療法が中心で、ドーパミンを補充する ことのできる薬剤などが主に用いられているのが現状です。

『パーキンソン病』

代表的な『症状』
手足のふるえ・筋肉のこわばり・動作緩慢・小刻み歩行・前傾姿勢・前方突進・無表情・脂顔・抑うつ気分・不眠 など
発症する『原因』
原因は明らかでない
行われる『検査』
血液一般検査・血液生化学検査・血清学的検査・髄液検査・CT検査・MRI検査・SPECT・PET など
行われる『治療』
薬物療法・定位脳手術・運動療法 など