知っておきたい 『病気と症状』

イアトリズム総合案内

糖尿病は、膵臓から分泌される血糖値を下げる働きを持つホルモン であるインスリンの不足により、糖の代謝異常が起こって血糖値が 高くなる疾患で、それには「Ⅰ型糖尿病」と「Ⅱ型糖尿病」という 病因が異なる2つのタイプがあります。 Ⅰ型は、免疫異常などを原因とする主に小児期に発症する糖尿病で インスリンを分泌する細胞が死滅してしまうため、生涯にわたって インスリンを投与しなくてはなりません。またⅡ型は、中年以降の 肥満者に多く、栄養過多・運動不足などが原因で発症するとされて おり、Ⅰ型・Ⅱ型とも口渇・多飲・多尿・倦怠感・体重減少の他、 悪化すると動脈硬化や神経障害などの合併症が現れてきます。

『糖尿病』

代表的な『症状』
口渇・多飲・多尿・全身倦怠感・体重減少・視力低下・四肢のしびれ・免疫力の低下 など
発症する『原因』
遺伝的要因・免疫異常・過度の栄養摂取・運動不足 など
行われる『検査』
血液一般検査・血液生化学検査・尿検査・ブドウ糖負荷試験・内分泌検査 など
行われる『治療』
食事療法・運動療法・薬物療法 など