知っておきたい 『病気と症状』

イアトリズム総合案内

関節リウマチは、全身の関節が慢性的に炎症を起こす疾患で、女性 が男性の約4倍を占めていますが今のところ原因は定かではなく、 この病気は自己免疫疾患である膠原病の一つに数えられています。 症状は、初期においては朝に関節のこわばりがみられる程度ですが 進行すると多発性・対称性に関節の痛みや腫れが現れ、更に進むと 関節の変形や破壊が起こり、皮下にはリウマチ結節と呼ばれる硬さ や大きさが様々な腫瘤(しこり)が生じてきます。 またこの疾患は、関節以外に内臓やその他の組織にも障害をきたし 間質性肺炎・胸膜炎・心膜炎・心筋炎・神経炎・血管炎・角膜炎・ 結膜炎・腎臓障害など様々な合併症を引き起こしてしまいます。

『関節リウマチ』

代表的な『症状』
関節の痛み・腫脹・こわばり・可動域制限・結節・変形 など
発症する『原因』
原因は明らかでない
行われる『検査』
X線検査・血液一般検査・血液生化学検査・血清学的検査・尿検査 など
行われる『治療』
薬物療法・人工関節置換術 など