知っておきたい 『病気と症状』

イアトリズム総合案内

鉄欠乏性貧血は、貧血の中で最も頻度が高く、鉄が不足することに より赤血球の構成成分であるヘモグロビンの合成が障害されて起こ る貧血で、思春期以降の女性に多くみられます。 原因は、偏食や食事量の現象による「鉄の供給低下」、消化管の疾 患などによる「鉄の吸収不良」、消化管の潰瘍やがん・痔核・過多 月経などの出血による「鉄の喪失」、成長期や妊娠などによる「鉄 の需要亢進」などといった鉄の欠乏によるものです。 症状は、顔色不良・息切れ・めまい・動悸・頭痛・倦怠感・舌炎・ 嚥下障害・爪の変形など様々なものがあり、治療としては鉄欠乏を 改善することを目的に原因疾患の治療や鉄の補給が行われます。

『鉄欠乏性貧血』

代表的な『症状』
顔色が悪い・息切れ・動悸・めまい・頭痛・疲れやすい・舌が痛い など
発症する『原因』
偏食・食事量が少ない・消化管の出血性疾患・痔・過多月経・妊娠 など
行われる『検査』
血液一般検査・血液生化学検査 など
行われる『治療』
薬物療法 など