知っておきたい 『病気と症状』

イアトリズム総合案内

逆流性食道炎は、胃酸の逆流により食道粘膜が炎症を起こすもので その原因には老化などにより食道と胃の境界部が緩んで起こる食道 裂孔ヘルニアによるものの他、食道と胃の接合部に出来たがんなど を手術によって切除したために生じるもの、肥満・妊娠後期・腹水 による腹腔内圧の上昇を原因とするものがあります。 症状は軽度の場合には無症状のこともありますが、病状が進むと胸 やけや嚥下時痛などが現れ、重症化すると胸や背中に痛みを感じる ようになってきます。 治療はアルカリ薬による中和や粘膜保護薬による刺激の軽減の他、 肥満改善や食後すぐに横にならないなどの自己対処も必要です。

『逆流性食道炎』

代表的な『症状』
嚥下時痛・胸痛・胸やけ・吐き気・食欲不振 など
発症する『原因』
胃酸の逆流
行われる『検査』
内視鏡検査・透視検査 など
行われる『治療』
薬物療法・日常生活指導 など