知っておきたい 『病気と症状』

イアトリズム総合案内

じんま疹は、発赤・痒み・灼熱感をともなう皮膚に生じる一過性・ 局所性の浮腫(膨疹)で数分~数時間のうちに消失し、その症状が 1ヵ月以上繰り返し起こるものは「慢性じんま疹」、1ヵ月以内に 治まるものは「急性じんま疹」と呼ばれています。 原因は、食品・薬物・寒冷・日光・ハウスダスト、またストレスや 不安などによるものでⅠ型アレルギーに関与するIgE抗体を持つ 肥満細胞などから毛細血管の透過性を亢進させるヒスタミンなどの 化学物質が放出されることにより真皮上層に浮腫が生じるのです。 それに対し湿疹は、短時間で症状が出たり消えたりすることはなく 最低でも数日、時には一週間以上続く皮膚炎を指しています。

『じんま疹』

代表的な『症状』
皮膚の発赤・痒み・発疹・灼熱感 など
発症する『原因』
食物・薬物・ダニ・ホコリ・花粉・カビ・感染・物理的刺激・心理的要因・膠原病・内分泌疾患 など
行われる『検査』
血液一般検査・血液生化学検査・血清学的検査・アレルギー反応検査 など
行われる『治療』
薬物療法 など