知っておきたい 『漢方生薬』

イアトリズム総合案内
漢方生薬

製草烏

よみかた
せいそうう
生薬種別
温裏散寒薬
薬味薬性
大辛、甘大熱

異称別名および炮製品名

基原炮製(この生薬の原材料と加工法)

加工したキンポウゲ科トリカブト属ホナガウズの母根

適応疾患および対象症状

腹部の冷え、腹痛、胸の痛み、身体のしびれ、狭心痛、偏頭痛、身体の痛みなど

この生薬の持つ「薬理作用」

鎮痛作用、冷感改善、感覚改善、創傷回復など

東洋医学的弁証(この生薬が対象とする、東洋医学の診断に基づく疾患および症状)

風寒湿痺、陰寒内盛、外感風寒、麻木疼痛、寒疝作痛、寒冷膿瘍、創傷作痛、胸痺絞痛

治法・治療原則(この生薬が持つ、東洋医学的治療法と治療原則)

温陽利水、温裏散寒、祛風散寒、散寒止痛、助陽発表

帰属経絡(この生薬が主に治療効果を発揮する、経絡および臓腑)

心、腎、脾

この生薬を用いる「漢方方剤」(異称別名表記)

方剤名 出典(処方来源)
小金丸しょうきんがん《中華人民共和国薬典》ちゅうかじんみんきょうわこくやくてん
  • 『生薬種別』については、複数の漢方生薬種別に属する生薬もあるが、当該生薬の薬理作用が最も顕著にあらわれる漢方生薬種別に基づき、単一の生薬種別に属させている。
  • 『東洋医学的弁証』および『治法・治療原則』については、中医用語に精通していない一般の方を考慮し、あえて重複表現を一部用いている。
  • 『適用疾患および対象症状』については、当該生薬が直接的に効力を示す疾患・症状に加え、間接的に効力を示す疾患・症状についても併記している。
  • 『この生薬の持つ「薬理作用」』については、当該生薬の直接的な薬理作用に加え、間接的な薬理作用についても併記している。