知っておきたい 『漢方生薬』

イアトリズム総合案内
漢方生薬

地虱

よみかた
じしつ
生薬種別
活血祛瘀薬
薬味薬性
酸、鹹

異称別名および炮製品名

基原炮製(この生薬の原材料と加工法)

ワラジムシ科ワラジムシ属ワラジムシおよびクマワラジムシなど

適応疾患および対象症状

尿量減少、排尿障害、生理不順、歯痛、腹腔内腫瘤など

この生薬の持つ「薬理作用」

利尿作用、鎮痛作用、尿量改善、月経改善、消腫作用、解毒作用、血行改善など

東洋医学的弁証(この生薬が対象とする、東洋医学の診断に基づく疾患および症状)

瘧母痞塊、癥瘕積聚、小便不利、血瘀経閉、牙歯疼痛

治法・治療原則(この生薬が持つ、東洋医学的治療法と治療原則)

破血逐瘀、解毒止痛、行気利水、通利小便、破瘀通経

帰属経絡(この生薬が主に治療効果を発揮する、経絡および臓腑)

肝、腎

この生薬を用いる「漢方方剤」(異称別名表記)

方剤名 出典(処方来源)
鼈甲煎丸べっこうせんがん《金匱要略方論》きんきようりゃくほうろん
人参鼈甲煎丸べっこうせんがん《金匱要略方論》きんきようりゃくほうろん
  • 『生薬種別』については、複数の漢方生薬種別に属する生薬もあるが、当該生薬の薬理作用が最も顕著にあらわれる漢方生薬種別に基づき、単一の生薬種別に属させている。
  • 『東洋医学的弁証』および『治法・治療原則』については、中医用語に精通していない一般の方を考慮し、あえて重複表現を一部用いている。
  • 『適用疾患および対象症状』については、当該生薬が直接的に効力を示す疾患・症状に加え、間接的に効力を示す疾患・症状についても併記している。
  • 『この生薬の持つ「薬理作用」』については、当該生薬の直接的な薬理作用に加え、間接的な薬理作用についても併記している。