知っておきたい 『病院の検査』

イアトリズム総合案内

経皮経肝胆管造影

PTC
doctor iat
検査対象
肝内胆管など

皮膚・肝臓を通して穿刺針を肝内胆管に刺入し、造影剤を注入して胆道をX線で撮影し、その形態的な異常の有無を調べる検査。
「経皮経肝胆管造影(PTC)」は、胆管の狭窄がある場合などに行われ「肝内胆管結石」や「胆管がん」などの診断指標となる。

検査の対象となる主な疾患

  • 胆管がん
  • 総胆管結石
  • 肝内胆管結石
  • 胆管狭窄
  • 胆嚢がん
  • 膵臓がん
  • 慢性膵炎
  • 膵胆管合流異常
  • 閉塞性黄疸
  • 胆嚢炎
  • など
  • 基準値とは健常者の測定値を統計学的に処理した平均値であり、測定値は個人により差があるため「基準値=正常値」ということではありません。また基準値から外れた値は異常値と呼ばれますが、「異常値=罹患」を意味するものでもありません。ですから基準値を絶対視するのではなく、あくまでも検査の評価は医療機関の判断に委ねることが大切です。