知っておきたい 『漢方方剤』

イアトリズム総合案内
漢方方剤

桂枝加朮附湯

よみかた
けいしかじゅつぶとう
方剤種別
祛湿剤 <祛風勝湿剤
典拠出典
吉益東洞方

処方構成(この漢方方剤を構成する生薬の組み合わせ)

生薬名 原材料と加工法
桂枝けいしクスノキ科ニッケイ属ケイの細枝またはその樹皮
白芍びゃくしゃく表面のコルク層を除いたボタン科ボタン属ボタン科ボタン属のシャクヤクの根
大棗たいそうクロウメモドキ科ナツメ属ナツメなどの成熟果実
生姜しょうきょうショウガ科ショウガ属ショウガの根茎
蒼朮そうじゅつキク科オケラ属のホソバオケラおよびシナオケラの根茎
甘草かんぞうマメ科カンゾウ属のウラルカンゾウおよび同属植物の根・走出茎
附子ぶしキンポウゲ科トリカブト属のカラトリカブト・オクトリカブト・ハナトリカブト、あるいは同属植物の子根

適応疾患および対象症状

さむけ、発熱、頭痛、発汗、身体の痛み、からえずき、鼻づまり、むくみ、身体の冷え、関節の痛み、神経痛

この方剤の持つ「薬理作用」

鎮痛作用、寒気改善、解熱作用、止汗作用、嘔気改善、通鼻作用、浮腫改善、冷感改善

東医弁証(この方剤が対象とする、東洋医学の診断に基づく疾患および症状)

風寒湿痺、関節冷痛、肩臂疼痛

治法治則(この方剤が持つ、東洋医学的治療法と治療原則)

祛風勝湿、温通経脈、散寒止痛

別出典の同名漢方方剤

  • 桂枝加朮附湯 《方機》
  • 『方剤種別』については、複数の漢方方剤種別に属する方剤もあるが、当該方剤の薬理作用が最も顕著にあらわれる漢方方剤種別に基づき、単一の方剤種別に属させている。
  • 『東洋医学的弁証』および『治法・治療原則』については、中医用語に精通していない一般の方を考慮し、あえて重複表現を一部用いている。
  • 『適用疾患および対象症状』については、当該方剤が直接的に効力を示す疾患・症状に加え、間接的に効力を示す疾患・症状についても併記している。
  • 『この方剤の持つ「薬理作用」』については、当該方剤の直接的な薬理作用に加え、間接的な薬理作用についても併記している。