知っておきたい 『漢方生薬』

イアトリズム総合案内
漢方生薬

蓮米

よみかた
れんべい
生薬種別
収斂固渋薬
薬味薬性
甘、渋

異称別名および炮製品名

基原炮製(この生薬の原材料と加工法)

果皮を除いたハス科ハス属ハスの果実

適応疾患および対象症状

泥状便、慢性の下痢、不眠、動悸、遺精、不正性器出血、おりものなど

この生薬の持つ「薬理作用」

止瀉作用、精神安定、便通改善、睡眠改善、強精強壮、動悸改善、止帯作用、止血作用、帯下改善など

東洋医学的弁証(この生薬が対象とする、東洋医学の診断に基づく疾患および症状)

心神不寧、心悸失眠、腎精不足、精関不固、陽痿遺精、崩漏帯下、脾虚不運、久瀉便溏、心腎不交

治法・治療原則(この生薬が持つ、東洋医学的治療法と治療原則)

益腎固精、固崩止帯、養心安神、健脾止瀉、清心益腎

帰属経絡(この生薬が主に治療効果を発揮する、経絡および臓腑)

脾、腎、心

この生薬を用いる「漢方方剤」(異称別名表記)

方剤名 出典(処方来源)
啓脾丸けいひがん《万病回春》まんびょうかいしゅん
啓脾湯けいひとう《万病回春》まんびょうかいしゅん
資生丸しせいがん《先醒斉医学広筆記》せんせいさいいがくこうひっき
資生丸しせいがん《蘭台軌範》らんだいきはん
資生丸しせいがん《医学六書》いがくりくしょ
資生健脾丸しせいけんぴがん《蘭台軌範》らんだいきはん
慎柔養真湯しんじゅうようしんとう《慎柔五書》しんじゅうごしょ
参苓白朮散じんりょうびゃくじゅつさん《和剤局方》わざいきょくほう
清心蓮子飲せいしんれんしいん《和剤局方》わざいきょくほう
保胎資生丸ほたいしせいがん《先醒斉医学広筆記》せんせいさいいがくこうひっき
  • 『生薬種別』については、複数の漢方生薬種別に属する生薬もあるが、当該生薬の薬理作用が最も顕著にあらわれる漢方生薬種別に基づき、単一の生薬種別に属させている。
  • 『東洋医学的弁証』および『治法・治療原則』については、中医用語に精通していない一般の方を考慮し、あえて重複表現を一部用いている。
  • 『適用疾患および対象症状』については、当該生薬が直接的に効力を示す疾患・症状に加え、間接的に効力を示す疾患・症状についても併記している。
  • 『この生薬の持つ「薬理作用」』については、当該生薬の直接的な薬理作用に加え、間接的な薬理作用についても併記している。